第14回セシリア国際音楽コンクール(2020) 開催概要

演奏曲について

演奏曲はすべて自由曲となります。

<審査時間>
◆ピアノ部門<部門Ⅰ・Ⅱ>
◎予選・・・10分以内
◎本選
キッズの部・・・3分以内
小学1.2年の部・・・4分以内
小学3.4年の部・・・5分以内
小学5.6年の部・・・6分以内
中学生の部・・7分以内
高校生の部・・・7分以内
大学生の部・・・8分以内
一般の部 ・・・8分以内

◆弦楽器部門<部門Ⅰ・Ⅱ>
◎予選・・・10分以内
◎本選
キッズの部・・・4分以内
小学1.2年の部・・・5分以内
小学3.4年の部・・・6分以内
小学5.6年の部・・・7分以内
中学生の部・・・8分以内
高校生の部・・・8分以内
大学生の部・・・8分以内
一般の部 ・・・8分以内

◆室内楽部門<部門Ⅰ・Ⅱ>
◎予選・・・15分以内
◎本選・・・15分以内

◆リサイタル部門
予選・本選合わせて45分程度。
(予選30分程度の曲を提出ください。本選は15分程度)

<部門Ⅰ・Ⅱについて>
部門Ⅰ(カルチャー部門)・Ⅱ(スター部門)については今大会から取り入れたもので、名称を変更しました。部門Ⅰ(カルチャー部門)は従来のアマチュア部門です。また部門Ⅱ(スター部門)は従来の専門部門で、専門家やソリストを目指す方々の部門です。両方の部門を受けることもできます。
*リサイタル部門は統一部門として括りはありません。
*高校以上の部門Ⅰ(カルチャー部門)は音高・音大生・音大卒業生は受けられません。
*普通高・普通大卒業生が部門Ⅱ(スター部門)にチャレンジする事は可能です。

<リサイタル部門注意事項>
・リサイタル部門は予選と本選の演奏があわせて45分となること、予選と本選の曲は変えること。
・リサイタル部門の、曲の構成は審査に影響ありません。

<その他注意事項>
・演奏分数は目安です。本選出場人数により演奏可能分数が変わる場合もございます。ご了承ください。
・上記規定の分数より長い曲を選択されても初めから演奏いただき、ベルが鳴ったら時点で演奏を中止していただければ問題はございません。
・審査時間より短い曲でも、問題ありません。
・本選審査時間は、ステージに出てからの時間となります。演奏時間終了になりましたらベルを鳴らしますので、演奏を速やかに中止してください。

 

■申込受付期間

申し込み期間 2019年12月1日(日) ~2020年1月20日(月)午前中事務局必着
(※予選免除者の方も上記期間内にお申込みください)
  ☆必ずお振込み後、お申し込みください☆

■予選審査の結果について

ホームぺージにて予選結果を発表いたします。
(本選に進まれる方の受付番号を発表します。)

※予選は70点以上で合格となります。点数の公開はしておりません。残念ながら不合格と
なった方には、今後のご参考に講評をお送りさせていただきます。

■注意事項について

  • 2020年2月末時点での学年とする。
  • 予選と本選は同じ曲でも可(リサイタル部門を除く)。リサイタル部門は予選と本選の曲を変えること。
  • 演奏時間を制限時間内にまとめるためのカット(編集)は自由です。編集は減点対象とはなりません。
  • 予選の収録曲の時間が制限時間超過でも、そのこと自体は減点対象とはしません。 無理に編集をする必要はありません。
  • ピアノは2台分の用意がありません。そのため、1台4手でのエントリー受付(室内楽部門)となります。
  • 室内楽部門は必ず、ピアノまたはヴァイオリンがはいる編成にしてください。
  • 本選においては、部門Ⅰ(カルチャー部門)及び室内楽部門以外は暗譜とします。
  • 申し込み用紙の音楽歴の覧は、審査には影響しません。受賞歴すべて記載する必要はありません。
  • セシリア国際音楽コンクールで受賞、大阪国際音楽コンクールへの推薦を得た皆様はその年の大阪国際コンクールのみ推薦が有効です。

 

本選について

  ■本選開催日程・会場について

2020/3/26(木)弦楽器部門Ⅰ・Ⅱ(キッズ・小学生・中学生の部):会場 ティアラ江東小ホール
2020/3/27(金)弦楽器部門Ⅰ・Ⅱ(高校・大学・一般の部):会場 浦安音楽ホール
2020/3/29(日)室内楽部門Ⅰ・Ⅱ、リサイタル部門:会場 ティアラ江東小ホール
2020/3/30(月)ピアノ部門Ⅰ・Ⅱ(キッズ・小学・中学・高校の部):会場 ティアラ江東小ホール
2020/3/31(火)ピアノ部門Ⅰ・Ⅱ(大学、一般の部):会場 豊洲シビックホール

 

■本選審査方法・結果について

コンクール当日、会場の受け付けにて結果発表、表彰致します。

◎表彰の後、講評をお渡しします。

◎本選の審査方法は、審査員の先生方の上下点をカットし、残りの平均点により順位が決定いたします。(点数の公開はいたしておりません)

本選注意事項について

  • 予選通過人数によっては本選での演奏を途中で切らせていただく場合がございます。
  • 予選通過者の方には、本選出場に際してご提出いただく書面、参加費のご案内をいたします。不参加の場合は、不参加の旨を必ずご連絡ください。
  • 本選出場者には、後日メールにてお送りします。
  • 開場、審査開始以降の時間については、若干前後する可能性があります。参加者の方は、前後になっても対応ができるよう、時間に余裕を持ってご来場ください。
  • 服装について、特に指定はありません。(ほとんどの方がドレス、またはスーツですが、きちんとした服装であれば構いません。)
  • 着替え用の控室(男女別)はございますが、リハーサルや練習のためのスペースの用意はございませんので、各自で手配してください。

参加費

表彰・賞等

 

 

副賞

 上記入賞者には、副賞として、
◆蓼科音楽祭又は東京での受賞者コンサートの出演
◆大阪国際音楽コンクールの地区本選への推薦またはファイナルへの推薦(順位により)
(※すべて現地までの渡航費用、宿泊費などは含まれません)
などが授与されます。

特別賞

惜しくも賞を逃した方々の中で優秀な成績を収めた方には下記、特別賞が授与されます。
◎審査委員長賞
第1位受賞者の中から推薦を受けた方は、イタリアのピサにてオーケストラと共演できます

◎蓼科音楽祭賞

◎大阪国際音楽コンクール賞
コンクール期間中のマスタークラスレッスンにご招待

◎イタリア音楽祭セミナー講習費無料ご招待
(旅費、現地ホテル、食費は含まれません。推薦に漏れた方も優先的に夏期音楽祭講習及びコンサートに出演できます)

◎セシリアIMC審査委員長賞
セシリアIMCでは、隔年で国内外有名ホールで受賞者コンサート(2017年・2019年於カーネギーワイルホール等)を開催しております。

写真は前回チラシです。

◇地震・台風などに伴う参加の可否について

1)不慮の天変地異によるすべての交通機関が停止した場合に限り、審査を中止します。
2)その限りでない場合、審査を予定通りに行い、参加費用の払い戻しは致しません。
3)審査を中止した場合も払い戻しとはせず、来年のファイナル参加費用に充当させていただきます。
4)代替の審査日が決まった場合は、そちらでの受験も可能です(参加される場合は、事前にメールでお申込みください)。